レーザー加工機ドットコムBLOG

xTool P2体験記① クリスマスの額を作ってみた!

メリークリスマス!

LDFを母体とする一般社団法人ファブデザインアソシエーション(FDA)の非常勤プロデューサーでイラストレーターのU-sukeです。

今回、最新のCO2レーザー加工機「xtool P2」をはじめて使ってみました。
リーズナブルでいろいろな機能があって面白そうな機械です。

そこで、今回からシリーズでこのxtool P2「体験レポ」をお届けしたいと思います。

まず第1弾は「クリスマスの額」を作ってみました

はじめに、このレーザーは専用のアプリが必要なので、こちらから「xTool Creative Space」といアプリをダウンロードします。

こちらのアプリを使ってゼロから加工データを作ることもできますが、いつも使いなれているadobe illustlatorで作ったデータの拡張子をSVGにして保存します。

そのSVGデータを専用アプリで開き、画像をインポートして、データをカット線と彫刻に分けて加工します。

▲レイヤーで彫刻とカットを分けました。

▲レイヤーで彫刻とカットを分けて右んもパラメータで設定します。

▲彫刻しているところ。

▲彫刻しているところ。

▲黒色の額裏止の「トンボ」二層板の端材で加工。

▲黒色の額裏止の「トンボ」二層板の端材で加工。

▲額の裏側

▲額の裏側

▲額を立てられるようにヒンジをつけました。

▲額を立てられるようにヒンジをつけました。

▲透明アクリルをカットして、絵をはめこんで完成。

▲透明アクリルをカットして、絵をはめこんで完成。

 

Xtool P2についてはこちらにも詳細が紹介されています。

関連記事

コメントは利用できません。
お問い合わせ 用途別機種選択 レーザーレンタル 加工受託サービス オープンラボ 安心アフターサポート 商材カタログ ※商材の詳細はお問い合わせ下さい。  

補助金・助成金について

資金調達    

レーザー加工に関する知識

▶ レーザー講座ブログ一覧

▶ レーザー加工講座